2012年

5月

23日

今日の発見5/22

今春から、大学院の臨床心理学専攻にて学んでいる私ですが、授業やゼミなどを経験している時に、よく「臨床心理学はそうなんだ。じゃあ音楽療法ならば…」という思考になります。そんな風に、臨床心理学-音楽療法で感じたことを、忘れないうちに時々書いておこうと思います。

 

火曜日はゼミなどがあり、机上の学びよりも、人の発表やディスカッションなどでの学びが多くなります。なので、忙しいけれどわくわくする曜日です。

今日、先輩のゼミ発表を聞きながら感じたこと。

 

 音楽療法の研究や発表では、よく「音楽療法そのものの効果を出せ」とかを言われることかと思います。

 でもよく考えると、そのクライエントさんは、音楽療法場面以外の方が生きている時間が長いわけです。それを、Clさんに何かの変化があった際「音楽療法そのものの効果ではない」と一刀両断してしまうのではなく、つまりはClさんが楽になれればいいのだから、「環境を巻き込んだり利用してこんな風に変化しましたー」ということを堂々と言って、その「巻き込み」や「利用」をすることも音楽療法士の大事な仕事だという認識を持ってみてはいかがでしょう。

「音楽療法のみの効果」を出すには、ほんと実験室とかでやらんと無理だし、それって何の意味があるんかなあと思います(これって、誰かにけんか売ってる?多様性を認めない発言かしら??)。

 

 それから、「臨床心理士はすき間産業だよね」という発言があったのですが、それ、音楽療法士も当てはまるんじゃないかな~とちょっと楽しく(!?)なりました。

そのClや彼(彼女)をとりまく環境の中で、音楽療法士の立ち位置、もしくは、立ち位置のニーズは、それぞれで違うんじゃないかと思います。そこが「お医者さん」とかとは違う所で、それを「安定しないなあ↓」ではなく、「臨機応変、変幻自在やなあ↑」と捉えることも有りかと。

「あいまいさを耐える力」ってのは、とても大事な大きな力だと思うのです。

 

どうかしら。

こんな話を飲みながらぐだぐだと語り合いたいもんです(^^)。

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    ともさん (水曜日, 23 5月 2012 20:10)

    今晩は家族が出払って気楽にWOWOWの番組を観ながら楽しく?食事をしてます(笑)昨年見逃したBEGINのうたの日コンサートです。台風で中止になった翌々日に彼らの生まれ故郷の石垣島民や行政を動かし、全国から集まった観客のためにコンサートを実現させたということです。「自然には逆らえないけど諦めない姿を示したかった」と・・・ う~ん 今の私にこんな熱い思いは残っているかな~  音楽の島での『理屈抜きの音楽』これも人の心に呼び掛ける音楽療法?  飲みながら語り合いたい?まさにこんなことですよね(笑)

  • #2

    お花はん (木曜日, 24 5月 2012 18:34)

    部屋が無くてもイヤホンひとつあれば音楽を楽しむことが出来るし 音楽が持つ力で自身を洗う事も出来る。
    でも 他の誰かの一言によって音楽の持っている力とはまた別のすごい力が働くのだ。
    また その一言で逆の方向にも行ったりしてしまうのだ。
    何て恐ろしい分野なんだo:ヾ(。`Д´。)ノ

  • #3

    きたさん (木曜日, 24 5月 2012 20:57)

    ともさん
    「理屈抜きの音楽」いいですね。
    私はこちらに来て、つまり、自分から求めなければ周りにまったく音楽がない環境に来てみて、「理屈抜きの音楽」を少しずつ感じている所です。ラジオとかしかないので(しかもNHKのみ)、生の音楽を聴きたい、やりたい気持ちです。
    また、飲みながら、語り合い&演り合い(!?)しましょうね♪

  • #4

    きたさん (木曜日, 24 5月 2012 21:00)

    お花はん
    恐ろしい分野に足を踏み入れてますね~。
    自覚してんといかんなあ。(怖い感じに自覚じゃなくて、暖かい感じに自覚するっていうイメージ)

    やっぱ、人間を磨くか~(笑)。

  • #5

    ともさん (木曜日, 24 5月 2012 21:57)

    お花はん
    難しいですね~ 私には理解不能(笑)ですが、日頃の現場での実感からくるものなんでしょうかね?職業としての音楽は他の職業同様に修行の場?(笑)

    北さん
    まるで終戦直後(私はだいぶ後の生まれですよ)の生活ですね(笑)情報源を最小限にして、そこから聴こえる音に心をときめかせ、餓えるように音楽を求める(笑)

     昨夜お伝えした番組ですが、うたの日コンサートの終了後、観客へのインタビューの中で、95歳のオバーが「楽しかったサー 感動しました」って・・・  皆さ~ん!95歳になった自分が「感動しました!」って言ってるところ想像できます?

  • #6

    お花はん (木曜日, 24 5月 2012 22:07)

    ともさんへ
    いや~北さん風に書こうとしたら失敗ですな。
    要するに 相槌。
    自分の音楽に相槌が入ると 世界が!(●´∀`)ノ+゜*。゜+゜。*゜+