雑談礼賛

ご無沙汰でした。会員の皆さんにはこの2,3日のうちに色んなメディアで会報をお送りしております。

次回例会は会員のそらさんと私きただがしゃべります。ただそれだけです。

こんなとこでばらさなくていいんですけど。

 

しゃべる、語り合う、雑談する…なんでもいいのですが、その素敵さ、大事さを、ある時からとても思い、一生懸命広めているところです。

会報にもそらさんが書いてくれていますが、結局そこから色々なものが生まれるなあという実感があるのです。

1+1が3にも10にもなるような。

 

話すことで自分の考えが整理されたり、

うなずいてもらうことで自分の思いが肯定されて思考が進んだり、

相手の話から自分だけでは思ってもみない方向のことを思いついたり…。

 

だから、何かを生み出す時は、一人じゃなくて雑談が一番!って思ってます。

 

そして、「雑談するために飲み会をやろう!」と京都で月例会を始めてから、これまでよく知ってる人をさらによく知ったり、輪が広がった感じがしました。

しかしさらに下関…というか、福岡界隈の何かに呼ばれると、知らない人も居たりして、そこから仲間が増えて…と、仲間が出来るスピードと量はすごいなあと思います。

まあ別に大勢の仲間を作ることのみが良いとは思っていないのですがね。

一人でも自分にぴたっと来る人と出会えるかもですものね。

 

そんな「雑談礼賛」の一つとして例会の中身を生み出してみました。雑談で。

 

皆さんも生活の中で周りの人やらと「雑談」し続けてください。損得抜きのしょうもない話を!

 

(きたさん)

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ともさん (水曜日, 31 7月 2013 23:19)

     うちなーぐち(沖縄方言)でおしゃべりを「ゆんたく」といいます。語らいを「語らいぐぁ~」と言っていたような~?

     何となく車座になって泡盛を飲み交わし、ゆったりとした時間が流れているような言葉のニアンスでしょ? 最後には唄三線になるようなね♪(でも、もう那覇のような都会ではあり得ないかな?どっかの島の公民館のような場所ではあるだろなぁ・・・)

  • #2

    きたさん (水曜日, 31 7月 2013 23:23)

    ともさん、ありがとうございます。
    「ゆんたく」聞いたことあります。そういう意味なのですね。そういう言葉があるってのがいいなあ〜。